【愛知県愛西市・火事】場所は落合町のリサイクル工場!現状の被害状況は?

2019年4月7日の夜に愛知県で火事が起こりました。
なんと5時間以上も火は消せず、燃え続けたようです。

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

火事の概要

火事については、このように報道されています。

 7日夜、愛知県愛西市のリサイクル工場で火事があり、消火活動が続いています。工場は稼働しておらず、ケガ人はいませんでした。

 7日午後7時すぎ、愛知県愛西市落合町にある古着リサイクル会社「大綿」の工場で、「火災が起きて中から煙が出ている」と、警備会社から通報がありました。

 消防車およそ10台が出動し消火にあたっていますが、3階建ての工場の1階を中心に5時間以上たっても燃え続けていて、警察が周辺の住民を避難させています。

引用:http://tokai-tv.com

リサイクル工場で火事が起きてしまったようです。

5時間も火が消えないなんて凄いですよね…。
何か燃えやすいものでもあったのでしょうか?

火事の様子

今回の愛知県愛西市の火事の様子について見ていきましょう。


結構、火が出ていますね。
かなり被害が出てしまったのではないでしょうか。


遠くから見た様子では・・・


モクモクと煙が出ているのが分かりますね。
遠くからこの様子だけ見たら、とても心配になりそうです…。

スポンサーリンク

火事が起きた場所は?

火事が発生した場所はどこなのでしょか?

愛知県愛西市落合町の古着リサイクル会社「大綿」の工場となっています。
地図で「愛知県愛西市落合町 大綿」と検索するとこちらになります。

見てみると、実際に工場の場所のようなので、こちらが今回の火事現場の可能性が高いです。

しかし、はっきりと住所が報道されているわけではないので、おそらくですが。
詳しい情報が分かりましたら、追記していきます。

被害の状況

被害の状況はこのように報道されていました。

火事
引用:http://tokai-tv.com

出火当時、工場は夕方までの操業を終えた後だったため、従業員はおらず、ケガ人はいないということです。

引用:http://tokai-tv.com

報道の様子からは、かなり酷い火災だと思えましたが、怪我人がいなかったのは不幸中の幸いかもしれません。
このまま、怪我人0ですむといいのですが…。

近くの民家などに火が移って被害が拡大しないことを祈りたいですね。

スポンサーリンク

なぜ消火活動に時間がかかっているのか?

しかし、火事で5時間も火が消えないというのは、とても酷い状況だと思います。
なで、こんなにも時間がかかっているのでしょうか?

報道では、このような情報がありました。

工場には古着などから作る「ウエス」と呼ばれる布製品が保管してあったとみられ、消火活動に時間がかかっています。
引用:http://tokai-tv.com

どうやら工場内には布製品があり、それが火の勢いを増す要因になっていると考えられているみたいですね。

確かに量によるでしょうが、布があったら燃えますよね。
リサイクル工場なら、古着などから作るものなら大量にあったとしてもおかしくありませんし。

いろいろな要因があり、なかなか消せないほどの火になってしまったのでしょう。

まとめ

最近、愛知県で火事が相次いでいます。

まだ空気が乾燥している時期ですし、火事が起きやすい時期ともいえます。

他の地域でも火事が起きていますし。
韓国では大きな山火事もありました。

人の命を簡単に奪っていくのが火事です。

火の始末には十分に気をつけ、火事が起きないよう注意していきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする